マイナンバー制度は良いのか悪いのか

マイナンバー制度は、あまり良くわからないうちに始まってしまったという印象が強いですよね。この先の混乱が進むのではないかと私は密かに心配しています。

というのも、お年寄りがマイナンバー制度に馴染めるかどうかが心配なのです。急に番号札を渡されると、お年寄りは、まるで番号で管理されているような気になって、不快になるでしょう。市役所の窓口などで揉められると、順番待ちをしている私にも影響があるので、できれば直ぐに馴染んでほしいものです。

一方でマイナンバー制度には利点もありますよね。それは身分証として使いやすくなるということです。これまで公的身分証は、保険証や学生証ではやまり使い勝手が悪く、証明書として機能していなかったという歴史があります。

運転免許証がない人でも、マイナンバーカードから身分証を申請することで、身分証を手に入れることが出来るそうです。これで誰でも身分を証明できます。しかし、身分証目的で運転免許証を取得した人にとっては、少しガッカリくる話かもしれません。

管理制度として未知数のマイナンバー制度。これからの展開次第では、住基カードのように直ぐに廃止になるかもしれません。いずれにせよ、まずは暖かく見守りましょう。カードローン審査

独裁呼ばわりの原因は誰か

安倍首相が2018年までの続投に意欲を示し、次の自民党総裁選への出馬を滲ませました。
余程のことがなければ秋の総裁選で安倍首相は再任されるでしょうが、
このニュースに触れても口さがない人は相変わらず「独裁」などと批判をしています。

さて、安倍首相は総裁選で勝ち残って総裁になり、
自民党は安倍総理を中心とした政策を公約として掲げて選挙で勝利しています。
さらにその公約どおりの安保法制などを、野党側に対しむしろ過剰なまでに配慮して
国会運営の中で推し進めているのです。

これは本当に独裁と呼ぶべきなんでしょうか?
むしろ可能な限り民主主義に則って政治を動かしているように思えるのですが。
しかし的外れとはいえ独裁と言う批判がある以上、何か周囲から突出している事もまた確かです。
では安倍首相、安倍政権が突出して見える原因とは何でしょうか?

答えは非常にシンプルです。
それ以外が、揃いも揃ってお話にならない方々ばかりだからです。
野党も、自民党内の他の政治家のお歴々も。
一部見所のある人が居るにしても、立場や地盤が弱すぎたりしますし。

正直、安倍政権には消費税とかTPPとか不満点は結構あります。
が、それに対抗しうるまともな選択肢を提示できない不甲斐無い政界全体の問題なんです。
独裁と呼ばれる政権の問題は・・・。プロミス審査

お客の都合で動いてくれる即日融資

世の中には、お客の為を思って、心優しく献身的に、お客の望む事をしてくれる人は何人いるでしょうか。

 

普通はお客の立場になって、お客が言うている通りに、仕事をこなせば良いのにっと、思うところなのですが、これが仕事であってもお客の都合に合わせたくないっと言う人も大勢いるのです。

 

それは、売ってあげている、やってあげている、私が担当している店だから私の言う通りに聞けと、お客が買わせて貰っていてすいませんとか、お客が売って頂きありがとうと、言った具合の対応をしなければいけない事の方が多いようなのです。

 

その理由は、これが気に入ってるから買うのでしょ。これがいいなっと思うから欲しいのでしょ。っと、店側は自画自賛で自信やプライドを前面に出して来るのです。

 

こういった店が大多数です。買って頂いてありがとうございました。っとお客に心から頭を下げるのは何処も見た事がない程です。

 

そんな中で、上手に対応する術は、相手にご機嫌を取って売って貰う事だと言うのです。相手の商品を褒め、相手の店を褒め、相手の容姿を褒めると機嫌良くなり、買ってくださってありがとうございますっとサービスも良くなるのです。

 

これはお客にサービスゼロ状態です。大名商売そのものです。そんなところが多い中で、お客が困って買いに来る場合は、お客が本当に欲しいから買いに来るので、それに応じて対応して貰いたいと思うのです。

 

それをキチンとこなしてくれるサービスがあります。それは消費者金融や金融機関の即日融資サービスです。

 

借金すると言うのは元々困っている人なのですが、即日にお金が入るというのは、更に困っている人と言う事になります。

 

それをやってあげてるという対応ではなくて、機敏に動き、お客の為を思って献身的に何とか間に合うように至急対処してくれます。

 

金融の審査も入るので約60分は掛かりますが、他の業務を置いてでも急いでくれますので、それだけでも助かります。

 

お客の為を思って献身的にお客の望む事をしてくれる業務と言うのは、金融業社の即日融資対応以外にないと思います。

 

消費者金融の申し込みから借り入れまで

今では消費者金融の申し込みは、電話、店舗、無人の契約機、インターネットなどさまざまな方法があります。誰にも会わずに申し込むならインターネットがオススメです。

 

パソコンだけでなくスマホやケータイからでも申し込みが可能です。会社よっては、融資が可能かどうか、借り入れ時のシミュレーションができたりします。

 

ご自身に合った消費者金融を選んで下さい。

 

まずは、サイトで氏名、年齢、住所、勤務先の住所と電話番号を入力します。本人確認の書類はデータアップロード、メールやFAX、郵送で送ります。これで申し込み完了です。郵送になると時間がかかるので急いで借入れたいならメールで送ることをオススメします。

 

審査に関してですが、職場の在籍確認があります。これは、消費者金融の業者が職場に電話をし「○○さんいらっしゃいますでしょうか」と確認される事です。電話をかける際は消費者金融の名前は出さないのでその辺りは心配しなくて大丈夫でしょう。

 

審査が無事に通ると電話やメールで通知が来ます。専用カードが送られてきます。ここで気になるのが「家族にバレないか」です。消費者金融の名前では送られてこない場合が多い(アコムならACなど名前を変えてあります)が中身を見られてはバレる危険があります。

 

なので、バレたくない場合は無人契約機や店舗で申し込んでカード発行してもらう方が良いでしょう。

 

あとは、借り入れの機械で借りるだけ。銀行のATMのような機械なので分かり易いです。ただ、簡単すぎて借りている事実を忘れないようにしてくださいね。

アコムの不足や短所や欠点

永作博美がCMに出ている、消費者金融業のアコムは、みんなが知っている企業だから、とても人気があるようです。

 

そんな企業はサービスなどがすごく良いと思います。でも、良い点ばかりに思いますが、実は他社から見て、ちょっとした不足や短所や欠点もあります。

 

その理由というのは、消費者金融業は、間口が広く色んな独自のスタイルで経営できる多種多様な企業が存在するから、そんな企業と比べると劣る所も出て来るっと言う訳なのです。

 

例えば、金利については、アコムは、4.7~18.0%となっています。これは、もっと安いところもあるので、平均的でありますが、すごく安くは無いっと思います。

 

そして返済が遅れた場合の遅延損害金も、大抵の企業は20.0%でアコムも同じ20.0%です。しかしもっと安いパーセントの企業もあるので、すごく安いっと言う訳ではないのです。

 

そして利用限度額に置いては、アコムは500万までですが、もっと限度額が高い企業もあるので、すごくいっぱい貸してくれる訳ではないでしょう。

そして借入時に提携金融機関のATM利用手数料が掛かるのが、勿体無い気がします。ATM利用手数料が余分に掛からない企業も実在してあるので、その点が不足であるでしょう。

 

アコムの不足や短所や欠点を書きましたが、それ以上にアコムには他社には無い良い点が非常に抜きん出ていっぱいありますので、どの所を重視しているかで選ぶと良いと思います。

総量規制対象外のカードローン審査は本当に甘いのか?体験談を交えて話します。